http://blog.senbun.com

きのう。きょう。あした。日々の色々。blog SENBUN。
リボンはアンティークレースで。
0
                                                





























    ブーケはなるべく小さくてシンプルに。
    リボンはアンティークレースで。
    たっぷりと長く長く。
    ゆたかに。

    オフホワイトの縁取られた模様は、
    そのブーケのシンプルさを際立たせて、
    なんとも言えない品の良い華やかさを放っていた。
    朝日の中で。

    リボンはアンティークレースで。




    | bouquet | 19:33 | comments(0) | - |
    海を越えた彼女とブーケ。
    0
      sachiko  sachiko2

      凱旋門のある国へ。
      彼女が旅立ったのは、数年前。
      青山のパティスリーで働いていた彼女。
      学生の時から変らない明るい印象の先輩は、
      それでも少し疲れているようだった。

      そんな彼女は、決意するように。
      それでいて、とても簡単なことのように。
      エッフェル塔のある国へ。洋菓子の国へ。
      旅立っていった。

      それから2年か、3年か。
      帰ってこないなー、と思っていたら。

      ・・・。

      そんな時に・・・海の向こうから、ブーケ依頼。
      凱旋門の国のお嫁さんになるという。
      帰ってこないはずだわ!とてもとても納得して。

      「日本にいても誰ももらってくれないから、
      フランスに行ったらもらってもらえましたー。」
      という彼女らしいおどけた言い方も。
      いつになく笑顔でいっぱいなのが良く分かった。
      メールであっても、よく見えた。

      ・・・。

      どうしてもバラメリアとリボンのブーケが良いって。
      一目ぼれしてくれたって。
      海の向こうでも、このブログを読んでくれた人がいたこと。
      ちょっとうれしい。

      真夏のバラメリア。

      ・・・。

      後日、届いた写真。
      満面の笑顔の彼女とブーケ。
      いつも化粧気の無かったカジュアル可愛い印象の先輩だったから。
      そのひと際キレイな姿に、深く感動。

      たしかに先輩はいつも笑顔だったんだけど。
      この写真の彼女は明らかに違って。
      とてもとてもキラキラしていて。
      オーラが違う。鳥肌が立つ。

      ウェディングマジック。

      ・・・。

      もうすぐ彼女は「帰って」いく。
      凱旋門の国に帰っていく。
      ちょっと淋しいけれど・・・きっと向こうでも
      こんな風に笑って暮らしていくんだろうと思うと
      それもとてもうれしくて。








      | bouquet | 00:21 | comments(2) | - |
      バービーのプリンセス。
      0
        barbie2 barbie3

        バービー人形みたい・・・。
        渋谷の街角に白いドレスを着た彼女が現れた姿は、
        なんだかとてもバービーみたいだった。
        彼女の大きな目と口は笑顔で覆われて、
        ふんわりとした髪とシンプルなドレス。

        彼女にはもう圧倒的に白い花冠が似合うと思ったから。
        淡いクリーム色した白色のスプレーバラ「プリンセス」で、
        プリンセスの花冠を作る。
        プリンセスには、首飾りも必要だと思って。
        少し長めのネックレスを作る。
        プリンセスのためのプリンセス。
        バービーのためのプリンセス。

        ほらやっぱり、彼女には花冠がよく似合う。

        hiki


        | bouquet | 01:23 | comments(3) | - |
        ・・・ずっと私の夢でした。
        0
          hanayome

          仕事柄?
          ひと一倍結婚のご報告をしていただけるポジションにあります。
          「ブーケ作って。」とか「お花やって。」という言葉とともに、
          「結婚するの。」って。
          懐かしい声。

          それだけずいぶん前に出逢った仲間にも
          私が「花のひと」だと浸透しているということ?
          そう昔から。
          私はずっと「花」でした。

          先々週は、1週間に4人の友人・知人の報告。
          本当にすばらしい。
          まだまだご報告お待ちしていまーす。

          ・・・。

          「ミタケさんのブーケでお嫁にいくのが、ずっと私の夢でした。」
          10年来のサークルの先輩の結婚式。
          ブーケを作って、出席して。
          式中のブーケ紹介で、彼女が用意してくれたとっておきの言葉。

          鳥肌が立った。
          泣きそうになった。

          ・・・。

          彼女のドレスは、私が今まで見てきた中で
          もっともエレガントで、たっぷりとしたレースがゴージャスだった。
          そのドレスに負けない、それでいて品のある存在感のブーケを。

          そう昔から。
          私はずっと「花」でした。
          花を続けていくことが、ずっと私の夢でした。

          ここ10数年の報告をしたくて。
          私は今も「花」です、と伝えたくて。
          夢みるブーケに想いをこめて。


          hanayome2

          | bouquet | 07:47 | comments(4) | - |
          ひのもと。
          0
            hinomoto

            鉄砲ユリのクラッチブーケ。
            少し大ぶりで、クールなブーケ。

            ひのもと。
            鉄砲ユリの名前。

            ユリ。
            あまり馴染みの無かった花材。
            咲かせるタイミングが難しかったり。
            花びらに傷をつけてしまわないか気がかりで。

            ユリ。
            ふとしたきっかけで。
            最近度々手に取るようになって。
            よく見れば表情も様々。
            あの華やかさ以外にも顔をもっていた。

            ひのもと。
            凛とした横顔みたい。
            和服を着た日本美人。日傘を差している。
            そんなかんじ。
            ユリのあの華やかさはもちろん、
            クールでモダンな雰囲気もある。

            ひのもと。
            最近度々手に取るようになって。
            断然ブーケにしたくなった。

            | bouquet | 01:29 | comments(0) | - |
            Flower Dressing
            0
              chiis

              hairdress

              大切な花人のフラワーウェディング。
              Flower Dressing.

              いつもお洒落なふたりだから、
              どんな1日にしようかと・・・花仲間との作戦会議。
              彼女の好きな花と、彼らのイメージと、私達の花想い。
              様々な気持ちが重なって。
              Flower Dressing.

              白と紫のスターチス。
              頭の3分の1を覆うほどに。
              たくさん身につけて欲しかった。
              ラナンキュラスとヒヤシンスで華やかさもプラスして。

              彼女の大好きなヒヤシンス。
              ピンクと青のネックレスにして。
              香りに包まれて欲しかった。

              ラフィアで編みこんだリストレット。
              彼女はブレスレットが良く似合う。

              キラキラ光るアクセサリーよりも
              彼女には花が似合うから。

              ブートニアももちろんつけるけど
              彼にはグリーンのレイが良く似合う。
              旅好きの彼の民族衣装みたいに。

              スタイリストになった気分で。
              彼女の髪に花を埋め込む。
              彼の胸にブートニアをつける。

              花仲間のさえちゃんが作ったブーケは、
              ラナンキュラスに黒紫のチューリップ。
              「カプチーノ」という名の葉がとびきりかっこよくて。
              藁で仕上げてあるところも、彼女のセンスが光っていた。
              もちろんとても、よく似合う。

              笑顔のすてきなふたりの。
              大切な花人のフラワーウェディング。
              Flower Dressing.

              作っていて最高に楽しかった。
              ありがとうね。

              | bouquet | 12:03 | comments(0) | - |
              カリフラワーとワイルドブーケ。
              0
                kari

                こちらのブーケは、ドレッシング付きになります。

                ほんとうにお式それぞれ。
                面白いことを考え付くものだなーと。
                「カリフラワーのブーケ」というご注文を頂きました。
                どうやら独身男性が参加するブートニアプルズを
                カリフラワーのブーケでやりたいという話。
                最近見つけたという、とても美味しいドレッシングをつけて。

                カリフラワーって。
                意外と黒い斑点が出ていたり、真っ白でキレイなものが少なくて。
                ブロッコリーと違って枝の部分が短く切られていたりして。
                でもブーケらしい形になっていないと
                このユーモアは半減してしまう気がして・・・。
                ニュウサイランのグリーンを使って、
                シャープなブーケらしい形に仕上げました。
                枝の部分は裏から串をさして。葉で隠す。
                串をグルーで固定しようかと思ったけれど・・・
                ドレッシング付きということは、後で食べるんだよね・・・と。
                グルー却下。串追加。

                ブーケにするなら、確かにブロッコリーより
                カリフラワーの方が華がある??


                wildpink

                ワイルドワイルドピンクブーケ。
                大きいブーケもやっぱり可愛い、と思う今日この頃。
                直径が40cmくらいあるワイルドブーケの出来上がり。
                こぼれ咲きしているように。

                ヘアメークさんに提案していただいたヘアスタイルが、
                ちょっとパンクでワイルドな髪型だったので。
                ヘア用のお花もてんこ盛りに用意する。
                髪にもたくさんお花をつけてもらって。
                ブーケもワイルドに持ってもらって。

                ワイルドビューティー。
                モデルさんみたいに。
                そんな花嫁もキュートだよね。って。

                | bouquet | 12:30 | comments(0) | - |
                like a Heppburn
                0
                  heppburn2

                  最近の私の一押しブーケは、これ!

                  もともとは、
                  「オードリーヘップバーンのイメージで」というご要望のもとに。

                  大輪の白バラメリア。
                  シャンパンゴールドのサテンリボンと
                  パールビーズを幾重にも重ねたブーケ。
                  最高にエレガントで、シンプルで。

                  今回は、サムシングブルーをというご要望のもとに。
                  リボンを淡い淡い水色で。
                  とてもさわやかで、かつエレガントに。

                  手のひらより少し大きいくらいのシンプルなブーケ。
                  だけど、その華やかさはとびきりだと思う。
                  そこからすとんと下へ流れるように。
                  長いリボンとパールビーズが歩くたびに揺れるブーケ。

                  おすすめです。よ。




                  | bouquet | 23:18 | comments(0) | - |
                  フタタビ。コレカラ。
                  0
                    naho

                    naho3


                    美味しそうな色。
                    美味しそうな形。
                    美味しそうな花。
                    「美味しそうなブーケがいい。」
                    そんな要望を受けたの初めてではなくて。

                    学生の時のバイト友達のブーケを作る。
                    ドレスの背中につける、ドレスフラワー付き。

                    花に触れていていいなと思うこと。
                    疎遠になってしまった友達ともブーケを通じて再会できること。
                    どこからか、私が花を続けていることをききつけて。
                    「もしもし?元気?お花つくってくれる?」と電話をくれる。
                    特別な日の特別なお花。
                    そんなお手伝いはとてもうれしい。
                    それが友達なら尚うれしい。

                    キョウ、フタタビ。コレカラ。ココカラ。

                    それにしても、みんな。
                    美味しいものが大好きなんだからっ。
                    思わずにんまりしてしまう。
                    そう、私も大好きだから。






                    | bouquet | 00:43 | comments(0) | - |
                    夢みるブーケ。
                    0
                      124

                      126

                      125

                      とっておきの一日の、とっておきのブーケ。

                      お花大好き!
                      打ち合わせの時から、そんな空気がずんずん伝わってくるお嫁さん。
                      サークルの先輩の奥様になるひと。

                      お花大好き!
                      そんなこと言われては、私もじっとしてはいられません。

                      ここだけの話。
                      結婚式の打ち合わせをしていて気づくこと。
                      実は誰もがブーケやドレスに思いいれがあるわけではなくて・・・。
                      「こだわりないんで、何でもいいです。」
                      というさっぱりしたお嫁さんも意外と多い。

                      でも先輩の彼女は、まさに夢見るお嫁さん。
                      ドレスは打ち合わせの度に新しいのを見つけては迷ってしまうらしく。
                      お花も好きなものがありすぎて絞り込めない。
                      その話す姿は本当に華やかで。
                      思わず微笑んで。

                      何がすてきって、彼女にそんな風に夢を見させてあげられる先輩。
                      先輩、かっこいいっす!!!

                      そんな夢みる彼女の、夢みるブーケ。
                      私が今まで作ったブーケの中でもトップ3に入るラブリー度。

                      リボンと数種のビーズで作ったボール型の籠に
                      ビビットピンクの花。
                      イブ・ピアッツェという香り高いオールドローズをメインに。

                      ブーケに合わせて、ブートニア、ヘアパーツ&ブレスレット。
                      友だちのブーケを作るときは、
                      毎回ブレスレットをプレゼントするって決めていて。
                      ケーキカット、キャンドルサービズ、感謝の手紙。
                      ブーケを持てない瞬間も、お嫁さんを彩ってくれるから。
                      写真に残す時、きっとあった方がいいに決まっている。
                      という、私の思い込み!?

                      とっておきの一日の、とっておきのブーケ。
                      夢みる彼女の、夢みるブーケ。







                      | bouquet | 17:22 | comments(0) | - |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE