http://blog.senbun.com

きのう。きょう。あした。日々の色々。blog SENBUN。
<< オッティモシーフードガーデン新宿店・2009X’mas | main | カークリコ。 >>
60本の赤バラとヘレコニア。
0
    60sb

    「お父さんの還暦の誕生日に60本の赤いバラを贈りたいんだけど…。」
    可愛い妹分の彼女は、すごく控え目にそう言った。

    「ねえ、赤いバラって一本いくらくらいするのかな?」
    そう問いかけられたのは、もうずいぶん前。
    ピンときた。なるほどね。
    そういうことだったのかって。
    本当に水くさいとはこのこと。
    彼女らしい遠慮と気遣い。
    本当に彼女らしい。

    60本の赤いバラ。60年分の赤いバラ。
    一本足りとも欠かせない。
    一年足りともはずせない。
    その大事な赤バラを丁寧に束ねて。

    巣鴨地蔵通りで買っておいた赤いパンツ。
    クルクルと丸めてバラ型にする。
    添えたかすみ草は、彼女のママが大好きな花。
    パパの60年を支えたかすみ草。

    3人揃ってピースサイン。
    60本の赤バラがつれてきたピースサイン。

    バラを抱えた帰り道。
    彼女は何人ものひとに微笑みかけられたんだって。
    バラを抱えた帰り道。
    「私も幸せわけてもらったわー。」って、
    声をかけられたんだって。
    その度にきっと満面の笑顔がこぼれ。

    ・・・・・。

    もう十年近く前。
    私が花屋にいたころ。
    父の誕生日祝いに、大きな大きなヘレコニアを贈る。
    何回目の誕生日だったかはもうわからない。

    しばらく実家には帰れなかったけど、父の職場は近かったら。
    大きくてごつくて存在感のあるヘレコニアを1本。
    父の職場に届けに行った。

    ピンポーン。
    エントランスで父の会社を探して。
    インターホンのチャイムを押す。
    「こんにちは、花屋です。
    ○○さん宛てのお祝いのお花をお持ちしました。」
    いつものように。花屋さんみたいに。

    ヘレコニアを一本。
    真っ赤なループリボンをつけて。
    太い幹の部分に黒マジックでお祝いのことばを。
    「HAPPY BIRTHDAY PAPA!」

    無機質なトーンのブルーグレーな部屋で、
    真っ赤なヘレコニアを片手に席に戻る父の背中。
    今でもはっきり覚えている。

    ・・・。

    60本の赤バラとヘレコニア。
    パパ大好き印の花。











    | other works | 23:07 | comments(2) | - |
    コメント
    素敵なお花ありがとう!
    いつも娘がお世話になってます。
    また家にも遊びに来てね!!
    (娘 代筆)
    | PAPA | 2009/11/17 10:35 PM |
    →T PAPAさん
    こちらこそいつも突然お邪魔しています!
    また是非遊びに行かせてください!
    ありがとうございました。
    | senbun | 2009/11/26 11:26 PM |
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE