http://blog.senbun.com

きのう。きょう。あした。日々の色々。blog SENBUN。
<< 無敵、白菜、フリフリパンジー。 | main | 圧倒的… >>
何でもない日の花。
0
    victor

    久しぶりに電話をくれた、友達の10級くらい下の後輩。
    「名刺を整理していたらsenbunさんの名刺を見つけて、
     久しぶりに花でも贈りたいと思って電話をしました。大切な僕の彼女に。
     特に記念日でも、誕生日でもないんですけど・・・。」
    そう、さらりと言った彼。
    あきらかに強火。文句なしにカッコいい。

    1年くらい前に友達の親友が出場するプロボシングを見に行って。
    その時に出逢った彼は、当時現役の大学生で。
    「僕、よく女の子にお花贈るんですよ。」と言っていた。
    素晴らしい!

    花を贈る習慣のあるひと。
    彼が、金のネックレスが似合ってしまうような色黒の
    彫り深いハーフ(もしくはクウォーター)であることを抜きにしても。
    花を贈る習慣のあるひと。
    そういうひとがたくさん居てくれたら。
    この上なくうれしい。
    そういうひと(特に男性)がたくさん居てくれたら。
    もっともっと感動する。

    お花を贈ったことはありますか?
    お花をもらったことはありますか?

    イギリスでは、ガソリンスタンドにも花が売っているという話。
    「実家に帰る途中、ガソリンスタンドに寄って・・・
     ふと花が目に入って、あーママに買ってかえろうって手にするんだ。」
    そう話してくれたイギリス人の男の子。

    花を買ったことのある人。
    花を買ったことのない人。
    いったいどれくらいのパーセンテージ?

    ・・・。

    花を飾る習慣。
    花を贈る習慣。
    そういうのをもっと育てていくこと。
    花の仕事を続けてきて、最近とても思うこと。
    お花がもっとあふれるように。
    そういう流れを作ること。
    なんとなく私の新たな指針。

    ・・・。

    スワロフスキーのキラキラとか
    バールカラーのラメを組み合わせて。
    アクセサリーみたいなアレンジメント。
    ピンクの似合う、彼女に。

    ・・・。

    記念日の花。
    誕生日の花。
    なんでもない日の花。





    追伸。

    男性のみなさーん。
    ぜひ、彼女にお花を贈ってあげてくださーい。
    なんでもない日。だからこそ。

















    | arrangement | 19:04 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE