http://blog.senbun.com

きのう。きょう。あした。日々の色々。blog SENBUN。
おばあちゃんのうた。
0
     


    祖母に頼まれごと。
    自作の俳句と短歌を詠んで欲しいと。

    もう何年も前から、彼女はそれらを趣味として
    毎日毎日ノートに綴る。
    こだわりのノートは、鳩居堂のものと決めているようで。
    なんともいえないキレイな折布で包まれている。

    書きためた俳句と短歌の中から
    私の好きなものに鉛筆で〇をつけてと頼まれる。
    たくさんの詩。祖母の日々。

    それまでも何度かそう頼まれたことがあった。
    でも私はそれをやりきれなかった。
    たまに帰った実家、他の何かに追われてみたり
    いつの間にか意識を失って・・・いつの間にかタイムアウト。
    なんだかんだと理由をつけて
    頼まれごとを果たさなかった。

    ・・・。

    祖母と一緒にいた。
    両親が出かけている2日間。
    祖母と一緒にいる、それが私の役目だと思っていた。

    ・・・。

    祖母に頼れごと。たったのふたつ。
    “に野菜の苗を植えること。ミニトマト、フルーツトマト、ナス、ピーマン。
    ⊆作の俳句と短歌を詠むこと。ノート2冊。

    その間も祖母は私と一緒にいてくれて。
    ,隆崔罅∋笋鯔めちぎり。
    ,鉢△隆屬砲蓮∋笋梁膵イな小豆を煮てくれた。

    役目は果たせたと思っていた。
    ,皚△發修梁召癲

    ・・・。

    いつもの場所に帰る朝。
    ノートの最後の方に差し掛かる。
    △鬚舛磴鵑伐未燭垢燭瓩法
    祖母の詩に目を向けた。

    私のことが詠われていた。
    それまでもいくつかそういう詩があった。
    最近書かれたであろうそれは、全然違う響きがあった。
    とてもさみしい響きがした。

    『ケイタイの着信メールの表示には「アシタイキマス」それのみの文字』
    『「おばあちゃん元気?」の声聞えないケイタイは電波のとどかぬという』

    〇をつけた。
    涙が出た。
    役目も何もしていない私が詩の中にいた。

    ノートを受け取った祖母は言う。
    「いいのよ、これはただそのときの気持ちをかいただけだから。
    気にしなくていいのよ。」と。

    ・・・。

    祖母に頼まれごと。
    ちょっとしたこと。
    きっともっとあるよね。

    おばあちゃんのうた。
    わたしのうた。

    いまここきょうから。
    | DIARY | 19:42 | comments(0) | - |
    リボンはアンティークレースで。
    0
                                                  





























      ブーケはなるべく小さくてシンプルに。
      リボンはアンティークレースで。
      たっぷりと長く長く。
      ゆたかに。

      オフホワイトの縁取られた模様は、
      そのブーケのシンプルさを際立たせて、
      なんとも言えない品の良い華やかさを放っていた。
      朝日の中で。

      リボンはアンティークレースで。




      | bouquet | 19:33 | comments(0) | - |
      Langage イオン越谷アウトレットモール店
      0
         langage






















        出来るだけ自然に見えるように・・・。
        そう心がけてアートフラワーに触れる。

        自由自在な針金入りのアートフラワーは、自然に見せるも
        独自の世界感を作るにも 自由自在。

        自然な風景を作るとき、どれだけ本物を知っているか問われている気がする。
        出来るだけ自然に見えるように。
        そう心がけて。

        壁をつたうグリーン。
        店舗空間にやわらかさを広げて。


        langage3

        langage2
        | - | 19:21 | comments(0) | - |
        KU USA LUMINE IKEBUKURO
        0
           
          ku3
          ‘ぶくらー’にとって
          ちょっとしたニュースなのは・・・
          池袋駅のメトロポリタンプラザが
          LUMINEになったこと。
          中学生のときから通学やらなんやら、池袋を通過しなくては東京に出られない埼玉育ちにとっては
          ちょっとした、それでいて大きな変化だったりする。

          学生のころにLUMINEが池袋に
          あったら、違う月日がそこに
          あったかもしれない・・・なんて。

          KU USA
          LUMINE 池袋店

          流木とエアープランツを
          使ったディスプレイ。



          ku

          ku2
          | - | 19:08 | comments(0) | - |
          母の日の準備ができました。
          0


            母の日の準備が出来ました。

            「個人的なお花のアレンジメントって注文できるの?」
            そんな質問を近しい友達から受けることが多くて・・・。
            「もちろんだよ。」っていつも答えるものの。
            お店をもっていない私なので、みなさんどう注文したら良いか分からないということなのね、と。

            母の日の準備が出来ました。
            分かりやすいカタログ式。
            アレンジメントはもちろん、プリザーブドアレンジ、鉢物等HPにアップしてあります。
            http://www.senbun.com
            トップページから見られます。
            その他ご要望・ご相談ありましたら
            遠慮なくお問い合わせください。

            「お母さんありがとう。」をお花と一緒に。



             
            | - | 21:29 | comments(0) | - |
            サクラサク・・・今。
            0
              hananoakari「 こ

              「こんなときこそ、花に癒やされるね。文ちゃん頑張ってお花をいけてね。」

              ...友人からのメール。あの日市場に山積みに揃った花たちは、行く場を探していた。
               お花が食べられたら良いんだけど、そんなことばを聞いたりもした。
              頑張ってお花をいける。あまり考えたことがなかったこと。

              あの日はまだ桜も咲いていなくて。
              春がすぐそこに来ていたはずなのに、すっかり冬に戻ったようで。
              暗い部屋の中、なんとなく暗い空気をまとってじっとしていた。
              時が止まる。じっとずっと。

              ・・・。

              手元に花。気づけば花。
              赤黄色白、そしてピンク。
              私の部屋には春が在った。そこには確かに春が在った。

              春を配る。行く場を失った春を。
              こんなときこそ、花が頑張ってくれるから。
              部屋を、空気を明るく照らしてくれるから。
              そう信じて言葉を添える。
              「みなさん、ご無事ですか?お元気ですか?」。

              ・・・。

              駅前の花壇が一際明るく見えた日。
              まっすぐに伸びたポピーの姿が
              一生懸命でけな気に見えた。

              ・・・。

              今、桜咲く。
              春が来た。
              気づけば花。そこら中に春。
              ここにも、もっと北の方にも。

              友が云う。
              いつもの独特の静かさとあたたかさをたっぷり含んだ声で云う。
              「今年こそ花見をした方が良いと思うってことになったんだ。
               それで皆で桜の下で言うんだ、
               やっぱり日本って良いよね。って」

              サクラサク、イマ。
              イマ、ココカラ。



              | DIARY | 22:10 | comments(0) | - |
              船橋市o邸 ウッドデッキ。
              0
                オリジナルデザインのウッドデッキを施工しました。 曲線ラインをアクセントに、花壇と収納付きのウッドデッキです。 もう少しあたたかくなったら、緑を植えるスケジュール。 春よこい来い、早く来い。 アプローチのタイルスロープ改修工事も承ります。よ。
                | garden | 15:36 | comments(0) | - |
                吾行く道。哲学の道。
                0
                   

                  「人は人吾はわれ也とにかくに吾行く道を吾は行なり」

                  京都の哲学堂にそんな石碑があったことさえあの頃は全く気づかなくて。
                  まっすぐに進む道、吾行く道。
                  その意味が今身にしみて。






                  | DIARY | 17:54 | comments(0) | - |
                  love is temperature.愛は体温。
                  0
                    love love is temperature.愛は体温。

                    微妙に変形したその指輪は2色の輝きを放っていた。
                    24金と18金のシンプルな円。
                    柔らかい方の24金は指にフィットして、身につける程にそのひとになってどんどん形を変えていく。
                    自由自在に。もっと自由に。
                    日々の分だけときを重ねる。体温を重ねる。
                     
                    love is temperature.愛は体温。
                    その指輪のシルエットにひとめ惚れ。
                    その指輪のコンセプトにひときき惚れ。
                    その指輪をつくる人の思いにこころ打たれ。
                    思いを語ってくれた低く渋くあたたかい声にひときき惚れ。
                     
                    じゅえりーの話。はなの話。
                    なくても生きていけるけど、なくてはならないひともいる。
                    キラキラしてないといやなひと、石の種類にこだわるひと。
                    なくても生きていけるけど、小さな世界に豊かな世界観を乗せていく。
                    それが人生のスパイスになる。
                    そう低くあたたかく渋い声が語ってくれた。

                    じゅえりーにコンセプトを込めるのもスパイス。
                    新しい出逢いもスパイス。花に表現をのせるもスパイス。
                    想像以上の喜びもスパイス、その逆の落胆だってスパイス。
                    低くあたたかく渋い声で。

                    love is temperature.愛は体温。
                    それもスパイス。


                    | DIARY | 10:41 | comments(0) | - |
                    ウサギがはねる。はねるみつあみ。
                    0
                       お正月飾り

                      「2011年は、私たちにとって特別な1年になると思うの。」
                      そんな話をしていたのはもう去年の話。
                      兎年まであと3日となった夜。
                      2年ぶりに会った友人は、確信に満ちた声でそう言った。

                      彼女に出会ったのは中学2年の時。
                      水泳部のキャプテンで、たっぷりとしたみつあみおさげが似合う彼女。

                      セーラー服にはみつあみ。ひとつの憧れ。
                      みつあみは頭の後ろの高い位置から始まるのが凛としていて。
                      華型ダンス部のお姉さまたちは、みんなそうだった。きりっとしたみつあみ。
                      水泳部の彼女は、ざっくりゆったりと下の方から始まるみつあみ。ゆるりとしたやつ。
                      ずっとショートカットだった私は、どちらの憧れも憧れのまま。

                      2年ぶりの彼女も彼女もまま。
                      前にもましてそのカラーを強くして。
                      彼女の自信と真っ直ぐさとスケールの大きさには、
                      いつもいつも圧倒されて眩暈がするほど。
                      独特な空気に包んでくれる。

                      あれから1週間。
                      今も私は包まれている。
                      明るくキラキラとした光と
                      特別な2011年になるという確信に。
                      不思議なほどたっぷりと。
                      彼女がくれたエネルギー。

                      彼女はもうみつあみおさげではなかったけれど、
                      相変わらず長い髪を束ねていた。
                      私も相変わらず束ねるほどの長い髪はないけれど、
                      みつあみが弾むようにウキウキしている。

                      ウサギがはねる。はねるみつあみ。



                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      あけましておめでとうございます。
                      2010年寅年、心晴れやかに明るく過ごすことができました。
                      本当に皆様のおかげです。心から感謝いたします。

                      本年もどうぞよろしくお願いいたします。




                      | DIARY | 21:03 | comments(0) | - |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE