http://blog.senbun.com

きのう。きょう。あした。日々の色々。blog SENBUN。
元気のカタマリ
0
    katamari

    元気のカタマリをもらったことはありますか?

    こんなにも可愛く甘く愛のこもった
    元気のカタマリ。

    少々元気切れだった私に。
    元気のカタマリが届けられて。

    「元気のカタマリって、書いてください。」と
    デパ地下で一所懸命になってくれた彼女に。
    文字通り大きな大きな元気のカタマリをもらう。
    そこに☆マークを入れてくれた店員さんも
    実に愛がこもっている。

    笑いと涙がとまらなくなって。
    もう気分は、カーニバル。

    ハローウィンのころのこと。

    katamari2
    | DIARY | 23:51 | comments(1) | - |
    酉の市
    0
      11242

      今日は二の酉。酉の市。

      初めて酉の市へ。
      その存在は知っていたし、友達も足を運んだと言っていた。

      遠くへ出かけるのは気がすすまなかったけど。
      近くにあることを知って。
      近くの神様。
      そういうのが良い。

      テレビでよく見たどっしりとした熊手たち。

      私は、一番シンプルで謙虚なものを。

      これでもう大丈夫。
      不思議とそう思えるから。

      街はすっかり縁日気分で。
      馴染みの場所の知らない顔。


      1124

      | DIARY | 23:37 | comments(0) | - |
      ドラマティック。
      0
        sky

        この空は本当にドラマティック。
        青と白の奥行きと。雲上の影と。
        ドキッとするほど、ドラマッティク。

        言葉のひとつひとつがドラマッティク。
        気持ちに響く。
        素直だから余計に響く。

        ドラマティックな言葉使い。
        彼女の魅力はそこにあって。

        | DIARY | 00:37 | comments(0) | - |
        カークリコ。
        0
          kaakuriko

          カークリコ。
          ずいぶん曖昧な響きのする名前。
          はじめて聞いたときは、思わず聞き返す。
          カークリコ?
          カアクリコ?
          カァクリコ?
          人から人へ口答だけで伝えられた名前みたいに。
          間延びした名前。

          その自然に描かれた弧の美しいこと。
          伸び伸び揺れるのに、きちんとしている。
          ストライプラインがスーツみたいに。
          しゃんとしている。

          ・・・。

          あの日。
          久しぶりに見かけたカークリコを。
          「いいもんみっけー。」と抱きかかえた私。
          数十枚。たくさん使いたかったから、カークリコ。

          あの日。
          両手いっぱいのカークリコを
          抱きかかえたまま歩いていて。

          ・・・。

          「とっても似合うわ、カークリコ!」

          レジにて、声をかけられる。
          密かにフアンの、人生も花道も大先輩の女性。

          「レジに座ってるとね。色々見えちゃうのよ。
          色んなひとが花をもって出入りしてるでしょ。
          でもこういうことは、微妙なこともあるからなかなか言えないんだけど・・・。
          でもね、あなたがカークリコ持っている姿が
          とっても素敵だったのよー。
          とっても似合うわカークリコ。」

          ひといきに、とてもさわやかに。
          彼女はそう伝えてくれた。

          カークリコ効果???
          朝からうれしい。
          伝えてもらえたことが、またうれしい。

          ・・・。

          カークリコとか、タイツリソウとか。
          (タイツリソウみたいですね。と、かつて言われたことがあって。)
          市場には、バラとかユリとかこんなにも華やかな花があふれているのに・・・ねえ。
          セレクトがマニアックで、なんだか的確で(笑)。

          kaakuriko2

          この話のステキは、実はもっと後にあって・・・。

          たぶんその日から1,2週間経って。
          帰り際に遠くから呼び止められて。

          「この前のカークリコの話だけど。
          ちょっと間違っていたのよ。ちゃんと伝えないといけないと思って。
          カークリコが似合うんじゃなくて、緑がみんな似合うのよ。」
          カウンターの中から出てきて追いかけて伝えてくれたこと。
          このひとの「ちゃんと」はちゃんとしている。
          そのトーンが私の好きなかんじで。
          ハツラツと伝えてくれたそのことばがうれしくて。
          その日から緑が余計に好き。

          カークリコを見るたびに・・・あの日を思い出して。


          | DIARY | 17:17 | comments(2) | - |
          届いてください。
          0
            todoite

            「届いてください。」

            手の届かない何かを取りたいときに。
            イスにのって取るのもいいけど。
            背の高い人の力を借りるという方法。
            あれ、取ってもらえますか?と言うのもいいけど。
            「届いてください。」と頼む。

            「届いてください。」その懇願っぷりが可愛く響く。
            いつもの資材屋さんで、お母さんらしい雰囲気のその人は
            「届いてください。」とさらりと言った。
            そのぽわっとした響きが宙に浮かんで、可愛く響く。

            ・・・。

            ブログを書こう。という今日の決意。
            なんとなく日付を11月1日に合わせて。
            (本当は今日は11月12日。)




            | DIARY | 22:48 | comments(0) | - |
            散歩道の花。
            0
              michiata

              michibata2

              街路樹と街路樹の間。
              公園の脇。
              誰かの散歩道にちょうど良い場所を見つける。

              街路樹と街路樹の間。
              ちょうど良い場所。
              朝7時ちょっと前。
              市場から直行。

              街路樹と街路樹の間。
              秋晴れの下。
              大きく広げて。
              大きくいける。

              公園の脇。
              今日の誰かの散歩道。
              いつかの私の散歩道。
              今日は私の花のある場所。

              | DIARY | 14:36 | comments(0) | - |
              外は台風。ゴーヤの白和え。
              0
                gooya

                少し早めの夜。
                外は台風。雨と風。

                昨夜の歴史的嵐にも。
                今までにない温度で、テレビに釘付けになる。
                少しは大人になったみたい?
                こんな温度になるなんて。

                それでも今日の街中は、
                いつものグレー色の台風の日。
                普通の台風の日。
                昨日と同じ景色がある。

                外は台風。雨と風。
                今日は白和えを作ろうって、
                昨日テレビを見ながら決めたんだった。

                ・・・。

                ゴーヤの白和え。
                8月の最後の日。
                すっかり秋めいた台風の日。
                夏が終わってしまった。
                名残惜しくて、ゴーヤの白和え。

                木綿豆腐。
                絹豆腐。
                にんじん。
                こんにゃく。
                ゴーヤ。(苦味と歯ごたえを残すために塩もみのみ。)
                白練りゴマ。
                ゴマ。
                他、調味料各種。

                ・・・。

                大皿に夏を盛り付けて。
                苦味の利いた夏を。
                月の終わりのきちんとご飯。
                外は台風。ゴーヤの白和え。


                | DIARY | 22:49 | comments(0) | - |
                触れすぎない距離感。
                0
                  semi


                  脚にとまった蝉。
                  ちょっと離れたところから
                  見上げるようにじっとみつめあって。
                  近すぎない距離感で。
                  でもとても近くで。

                  ・・・。

                  例えばそこに、辛そうな表情を浮かべている友達がいました。

                  ・・・。

                  ベタベタと触ってしまう。
                  心配だから、気になるから。
                  ベタベタと触ってしまう。
                  女の子ならきっとそう。
                  近づいてみたり、問いかけてみたり。
                  ベタベタと触ってしまう。
                  触れずにはいられなくて。

                  ・・・。

                  それとは違う感覚で。
                  触れすぎない距離感があって。
                  気にしていないわけではないのに。
                  敢えて触れない。
                  敢えて問いかけない。
                  見えない何かを尊重するように。
                  お互いの領分を守るように。
                  じっと見守る。
                  そういう触れすぎない距離感。
                  憧れてしまう。
                  男同士の友情。

                  ・・・。

                  敢えて触れない。
                  敢えて問いかけない。
                  触れすぎない距離感。

                  愛だなー、って。
                  心からの感嘆。

                  普段無口な分だけ。
                  際立って見えた愛。

                  胸のあたりが、ほっとあたたかくなって。


                  | DIARY | 22:11 | comments(0) | - |
                  大盛の夢。
                  0
                    maruichi

                    maruichi2

                    「大盛りって、夢がありますよね。」

                    大盛りは、うれしい。
                    大盛りは、満足感がある。
                    大盛りは、楽しい。

                    そんな言葉では、もう納まらなくて。

                    「大盛りって、夢がありますよね。」

                    打ち合わせ先で耳に飛び込んできたその言葉は、
                    衝撃的で画期的だった。

                    素晴らしい。

                    そっかー。
                    夢があるから、うれしくて、楽しくて、満たされるのかも。

                    その日から、
                    私の大盛りも夢がある、になる。

                    食べ物の大盛りも。
                    愛情の満タンも。
                    満たされる雰囲気が夢があって好きだから。

                    ・・・。

                    マルイチベーグル。
                    ここのベーグルサンドは、夢でいっぱい。
                    いつ見ても、食べても夢がある。



                    | DIARY | 22:09 | comments(0) | - |
                    Talking Eyes
                    0
                      eye  eye2

                      目は口ほどにものを言う、とはよく言ったもので。
                      目は本当によく喋る。お喋り。
                      その人の気持ちをよく喋る。お喋り。
                      手もお喋りだけど・・・目はもっと。

                      元気がない?
                      何かあった?
                      気になって仕方が無い。

                      目が合わないと悲しい、とても淋しい。

                      ・・・。

                      ハロウィン仕様のアンスリウムを頂く。
                      かぼちゃみたいに切り抜かれたその花は、
                      数日経って目の周りが黒くなって・・・
                      一段とハロウィンらしい顔をしていた。

                      どうやって飾ろうか考えた結果。
                      白い壁にペタッと貼ることにした。
                      目に黄色のモカラを沿えて。
                      『目がハート』ならぬ『目がフラワー』。
                      目が笑ってる。
                      そう見えた。

                      ・・・。

                      目が合うとうれしい、ほっとする。
                      あたたかい気分になる。安心する。
                      目が話しかけるから。お喋り。
                      もっと伝わる。

                      ゆるりと、でも真直ぐに目を見て話すひとで在りますように。
                      最近とてもとてもそう思う。

                      目力というよりは、もう少し優しいそれが良い。
                      ちょうど目に花が咲くみたいに?
                      目がフラワー。
                      ちょっとカワイイ、ちょっと良い。

                      | DIARY | 17:21 | comments(0) | - |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE